当社の盗聴器発見調査の特徴

盗聴器発見

現在の日本は、市販されている盗聴器だけでも年間約30万個に達しています。
小型化、高性能化、需要の多さによる安値化がますます進んでいるため、これから後も盗聴被害は増え続けるであろうと予測されています。

一見盗聴器には見えないようなカモフラージュされたものもあるので、屋内、屋外、更には車内にまで、どんな場所にも仕掛けられている可能性があります。
また、目的があって仕掛ける人間もいますが、盗聴マニアなどによって、無差別に設置されている場合もありますので、誰もがその被害者になり得る可能性があるのです。

・電話やテレビから異音が聞こえてくることがある。
・自分でも見覚えがないものがある、誰かに監視されていると感じる
・無言電話、イタズラ電話が頻繁にかかってくる
・自分だけの秘密を他人に知られていた

などの項目に心当たりがある方は、一度専門の業者に盗聴器発見調査を依頼されることをお勧め致します。

当社は、その盗聴発見の専門の業者の中でも特に、調査員の質の高さと機材の豊富さに自信を持って、万全の体制で盗聴発見に努めております。

まず当社では、日頃からの調査員への訓練・指導を重視しています。
多くの機材知識を持ち、尚且つそれらを実際の調査現場で自在に使いこなせる腕が必要になるからです。

そして、ハンディ型の広帯域受信機や、より高性能な据え置き型広帯域受信機など、実際の調査現場で調査員が使うことになる発見専門機材も様々なものを積極的に導入して、多種多様な盗聴器の発見に努めております。

それでいて当社の調査料金は業界平均と比較して同レベル以下に抑えていますし、調査に掛かる料金は、盗聴、盗撮両方とも標準価格でおこなっております。
発生する発見報酬や、盗聴器を除去した場合の除去費用、発見調査の時間延長による追加料金などはございませんので、標準の調査料金と、機材を使っての調査料金に出張料金を足した金額が、ご請求させていただく料金になります。いかなる理由があっても最初に提示した料金以外の余計な追加料金は1円もいただきません。
もちろん、経費の内訳は明確にして調査後にお見せ致します。

盗聴発見の相談や料金の見積りは無料で行っています。電話(盗聴の危険がない場所で)、メールでご相談いただけます。


防犯対策で忘れられがちな盗聴対策

防犯対策では、家の戸締りや玄関や窓の二重鍵、自宅周辺に死角をなくして、整理整頓をするなどの簡単にできる防犯対策を取っている家庭もあるのではないでしょうか。
また、セキュリティ会社と契約をして緊急駆けつけ警備を利用している方もいると思います。

日本は世界的にみても治安の良い国だといわれていますが、それでも軽犯罪など、家屋へ侵入する空き巣や押し込み強盗などが年間に少なくない件数で発生しています。

こうした犯罪に対しての防犯意識は強くなってきていますが、情報セキュリティに関しては認識や実際の対策レベルはまだまだ低いといわれています。

盗聴は他人が情報を盗み聞く行為です。
その盗聴によって盗み聞かれる情報もさまざまで、まったくなんの価値もない日常会話から、重要な個人情報や企業秘密が盗聴によって盗まれています。

盗聴対策をしていると家庭、企業は、情報セキュリティが進む最近でも、十分な盗聴対策が取られていないという現状があります。

これは、盗聴対策をどの様に行えばいいのか、理解出来ていない人が多いからです。

盗聴器発見調査では、仕掛けられた盗聴器を見つけ出すことはもちろん、盗聴に対してどのような手段を持って対抗するのかを依頼者様へご理解いただくことも重要なことです。

弊社は盗聴器発見調査のプロとして、盗聴器発見調査だけではなく、盗聴対策についてもプロ視点のアドバイスを行っております。

盗聴器発見は、専門ページへ