盗聴調査費用の内訳

盗聴器発見の調査にかかる費用には、以下のような種類の料金があります。

機材料金

盗聴器発見調査に必要な機材の調達費用、運用費用、減価償却分などが入っています。
市販の盗聴器発見グッズでは補えないようなところまで調査が出来る機材を揃えるために必要です。

研究費

日頃からの資料収集や、調査員の研修にかかる費用です。
盗聴の現状は日々移り変わっていくものなので日頃からの情報収集は大切ですし、折角の機材があっても使いこなせる腕のある調査員がいなければ意味はないので研修も勿論大切です。

人権費

調査員に支払われる賃金です。

広告費

顧客獲得のために使われる費用です。

出張費

調査現場までの交通費などの費用です。

当社では、より確実に盗聴器を発見するために機材費と研修費に高いウェイトを置いていますが、代わりに余分な経費を削ることで調査料金を他社よりも安く押さえています。

盗聴器発見専門ページはこちらへ